消臭石鹸の使い方について

消臭石鹸の使い方は、非常に簡単です。

いつもの石鹸を消臭石鹸に変えて、身体を洗うだけ。

気になるところは、ちょっと念入りに洗うだけ。

これだけで気になる体臭を予防することができます。

ただ、消臭石鹸でより効果を得たいなら、ゴシゴシと洗うのは避けたほうが良いでしょう。

皮膚をゴシゴシとこすってしまうと、そこへ雑菌が入り込んで繁殖し、体臭が増すばかりでなく、吹き出物ができてしまうことがあります。

また、消臭石鹸で洗いすぎると、必要な皮脂までもが洗い流されてしまい、乾燥肌になってしまいます。

ですから消臭石鹸を使うときは、程よい力加減で適度に洗ってください。

そして、使う前は、説明書をよく読むことです。

説明書を読んで、その使い方を把握し、使うようにしましょう。

消臭石鹸によっては、よく泡立てると良いものもありますし、泡立てなくても良いものもあります。

よく泡立てたほうが良い消臭石鹸は、よく泡立てる必要がありますし、泡立てなくても良い消臭石鹸は、直接石鹸を皮膚に塗るようにして使う使い方をします。

消臭石鹸によって効果的な使い方は異なるので、よく箱書きなどは読むようにしてください。

そして、使う前には必ず、パッチテストをしましょう。

他人から見えない部分に少量の消臭石鹸を塗り、自分の肌に合っているかどうかを確かめてください。

このページの先頭へ